矯正歯科での小児矯正の詳細

歯列矯正は1期治療と2期治療にわかれ、1期治療は矯正歯科で治療するこどもの歯列矯正のことです。矯正は小さいうちにしておくべきだとよく聞きますが、それは小児矯正の方が痛みも軽度で歯磨きもしやすいこと、取り外しが可能なことが挙げられます。また、こどものうちに矯正歯科での治療を行うことで永久歯が正しい位置に生えてくる場所を確保できるので抜歯をする必要もないですし歯並びもキレイになります。1期治療の内容としては、まず歯並びを悪くさせてしまった要因を除去することが必要です。口呼吸、指しゃぶり、頬杖なんかが癖になっている場合は要注意です。こどもの成長期を利用して、後退している下顎を前に引き出すように顎の成長をコントロールすることもします。歯列がでこぼこな場合は測方方向に歯列を広げたり幅を整える矯正をしますが、これも成長期を利用したものです。費用も大人の矯正よりも安く済むので、こどもの歯並びが気になる場合は早めに矯正歯科でのカウンセリングから始めることをオススメします。もちろんメリットも多いですが、デメリットとしては矯正期間が長くなる可能性があることや、ブラケット矯正など見た目が気になる矯正ではこども自身の生活に負担がかかる場合もあることがあります。迷われている方は、歯科医にじっくり相談してから決めると良いでしょう。

矯正歯科の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP